インプラントのメンテ

インプラントについてる穴

インプラントのアクセスホール

アクセスホールとは、人工の歯とインプラントをねじで固定するために、人工の歯に空いている穴のことです。人工の歯を固定する際、アクセスホールからねじを締めつけ、その穴をプラスチックで覆います。インプラントのメンテナンスをするときは、このプラスチック部分を削り、ねじを外すことができます。これにより患者さんに苦痛を与える苦痛を大幅に軽減ができ、処置も簡単にできます。普段の生活では不都合はありませんが、アクセスホールがないタイプに比べると、穴がある分、人工歯の表面積が小さくなりますので、耐久性で不安な面もあります。極端に固いものを食べるのは避けた方がいいでしょう。

なるべくアクセスのいい歯科を

インプラント治療は、虫歯や事故で歯を失ってしまった人にとっては夢のような治療法です。いろんな歯科で行われている治療法なので、実際の臨床数が多いとか技術が優れているとかの情報で歯科を選択される方も多いと思います。しかし一つ注意してほしいのは、インプラント治療というのにはアフターケアが必須だという事です。アクセスの良い歯科でなくては通院を続けるのが困難になります。いつまでも口腔内の健康が保てるように、歯科によるメンテナンスが大切なのです。たくさんの条件を考え合わせたうえで、ご自分のライフスタイルに合った歯科を選びましょう。

↑PAGE TOP

Copyright © インプラントについてる穴 All rights reserved